Women in Science and Engineering Education Forumを開催しました

男女共同参画推進の啓発活動の一環として、自然科学研究科で開催している女性教員と学生の座談会 Women in Science と物質生命化学科のキタイン・アルマンド助教が主催するさくらサイエンスプログラムの合同プログラムが、2016年2月26日(木)13:30から15:40まで工学部1号館共用会議室Aにて開催されました。

このさくらサイエンスプログラムは、「Empowering ASEAN Woman Chemical Engineering Educators for Integrated Regional Biomass Utilization」をテーマに、東南アジア諸国連合(ASEAN)のトップレベルの大学(フィリピンのフィリピン大学、デラサール大学、聖トマス大学、タイのチュラロンコン大学と、王トンブリー工科大学、インドネシアのスラバヤ工科大学、ベトナムのベトナム国家大学ホーチミン市校工科大学、カンボジアのカンボジア工科大学)から化学工学専門の女性教員を招聘し、熊本大学を始めとする九州地域が取り組んでいるバイオマスの有効利用及び機能性材料開発に関する研究交流を目的とし開催されました。熊本大学の学生及び女性教員との交流を通じて、日本及び東南アジア地域における若手女性教員の育成に貢献する目的があります。実際には、熊本大学の教員による先端科学講義や、学生及び若手研究者による研究紹介、学外活動として県内外の民間企業や工場、公的研究機関への訪問、また、熊本の歴史・自然・文化の体験をしてもらいました。

今回のWomen in Scienceプログラムでは、「Women in Science and Engineering Education Forum」のタイトルで、海外からの招聘者に下記のテーマについて発表して頂きました。発表後、工学専攻の女性教員のグローバル化における役割、問題点などを参加者と議論しました。

参加者のレスポンスも良く、盛況のうちに終了しました。

Women Participation in ASEAN Integration
Dr. Chalida Klaysom
Department of Chemical Engineering, Faculty of Engineering,
Chulalongkorn University, Bangkok, Thailand

Work-Life Balance: How to Effectively Manage the Workload and Role as Wife/Mother
Dr. Kathleen Aviso
Research and Advanced Studies Director,
Gokongwei College of Engineering, De La Salle University Manila, Philippines

Teaching Strategies: New Ideas in Managing the Classroom and Research Laboratory
Dr. Siti Zullaikah
Department of Chemical Engineering
Institut Teknologi Sepuluh Nopember, ITS, Surabaya, Indonesia

(画像をクリックすると、大きいサイズでご覧いただけます。)

Women in Science and Engineering Education Forum Women in Science and Engineering Education Forum Women in Science and Engineering Education Forum Women in Science and Engineering Education Forum Women in Science and Engineering Education Forum Women in Science and Engineering Education Forum Women in Science and Engineering Education Forum Women in Science and Engineering Education Forum Women in Science and Engineering Education Forum